スポンサードリンク

7週連続第1位!【出産祝い ベビー服】お名前入りNamingジャンパー開けたときに“ワッ”っと驚い...
スポンサードリンク

【ラッピング無料】出産祝いに!名前入りバスローブ(ポンチョ)(ブルー)【楽ギフ_包装選択】...

出産祝いにはメッセージを添えたい

出産祝いの書き方について考えてみたいと思います。出産祝いといえば、かわいい赤ちゃんを出産したお母さんへのお祝いですね。出産祝いにはメッセージカードを添えたいものですね。そんなとき、ちょっと気の利いたメッセージの書き方をしてみたいと思いますよね。口では伝えられないお祝いのメッセージを書きたい、あるいは祝儀袋の表書きの書き方が分からない、そんな人に出産祝いの書き方をご紹介したいと思います。

【出産祝い ベビー服】開けたときに“ワッ”っと驚いてもらえるお名前入り出産祝い季節を選ばず...  【出産祝い】乳幼児用冷却衣「ク~ルくる(クールクル)」セット

出産祝いのプレゼント

まず、出産祝いの書き方の前に、出産祝いにもらって嬉しいプレゼントというのはどんなものでしょう。一般的に、お金を贈るということでなければ、出産祝いの中でダントツに人気があるのが子供服、ベビー服です。子供服というのは意外と高いものですし、大人のように今まで着ている服があって、それに買い増すかたちでの購入ではなく、まったく服がない状態から購入していかなければなりません(とくに初産の場合は)。もちろん、退院してからのために新生児用の服はある程度用意しておきますが、それ以降の服というのは成長のたびに購入しなくてはならなくて大変。ということでベビー服を出産祝いとして贈るのが一般的になったのだと思います。
出産祝いでベビー服を贈る場合、未婚だったり、子どもがいなかったりするとうっかりしてしまいがちなのが、サイズと季節のミスマッチです。ベビー服は、サイズ的に80くらい、年齢にして生後半年から1歳ぐらいの赤ちゃん用のものを贈るのが一般的です。60サイズなどの小さいものはあらかじめ用意しておくのが普通ですし、すぐに着れなくなってしまいますから、ある程度、先のものを贈るんですね。この場合、半年後に着るのを想定して贈るのなら、夏に生まれた赤ちゃんには冬用の長袖を、逆に冬に生まれた赤ちゃんには生地の薄めのものを贈るようにしないと、せっかくのプレゼントが身に着けられないということもでてきます。赤ちゃんの成長って早いので。気をつけましょう。
また、よく分からなければ、紙おむつのような実用品を送るのがいいかもしれません。ただし、皮膚の弱い子とか、紙おむつの銘柄によって相性があるので、ひょっとしたら使われないという可能性もあります。また、紙オムツによっては多少安っぽいというイメージのあるブランドもあるため、子育て経験者向きのプレゼントかなと思います。

出産祝いのメッセージ

さて、出産祝い書き方で表書きはどのように書いたらいいでしょう。まず、表書きの上には「御祝」と書きます。出産祝いであることを表したい場合は「祝御出産」と書きますが、4文字は縁起が悪いということで「御出産御祝」「御安産御祝」と書くこともあるようです。
お祝い本文の文例ですが、ネットを探せばいくらでもあります。例えば、「このたび、奥様には無事元気なお子様をご出産の由、心からお喜び申しあげます。」や「赤ちゃんも奥様もお健やかと伺い、安心いたしました。この上はお子様の健やかなご成長をお祈り申しあげます。」などいかがでしょうか。
また贈る相手が親しい友人ならもっと気楽な文章でも大丈夫です。

出産祝いの書き方